フライヤー印刷は業者に依頼|スピーディーにオーダーできる

カレンダー

業者選定の基準

卓上カレンダーを業者に発注する場合における業者の選定基準について、2点お伝えします。1点目の基準は業者の規模、2点目は卓上カレンダーのサンプル送付が可能かどうかです。参考にして頂き、卓上カレンダーを選定しましょう。

名刺交換

社会人の武器をつくる

名刺作成の外注先としては、まずはネット印刷です。割安で依頼することができます。また印刷会社に依頼する方法もあります。サンプルを見ながら打合せができるのがメリットです。業者を選定する時には、予算などを考慮して選択しましょう。

色見本

販促品や広告におすすめ

マグネットシートは販促品や広告にも使われます。大量に作るときや質にこだわりたいときは専用業者に印刷を依頼する方がおすすめです。過去の実績やデザイナーの質、見積もり内容などで業者の質を見極める必要があります。

漫画

入稿や印刷の流れ

同人誌を印刷所に依頼する時、入稿方法と印刷方法に注意するようにしましょう。オンライン入稿の場合は印刷所が指定しているファイル形式で入稿します。郵送の場合は締め切りに間に合うように郵送しましょう。初心者は費用が安いオンデマンド印刷、大量に印刷する人はオフセット印刷がおすすめです。

手紙

印刷業者の活用法

商品ラインナップが豊富で、オプションや小ロットの注文にも対応しているのが、人気のある封筒印刷業者の特徴です。撥水機能がある封筒にも印刷してもらえるのが人気の秘密であり、無料のサンプル提供サービスも、顧客の間では評判です。

急ぐときにこそ要検討

印刷

コストの面でも要検討

イベントやセールのお知らせをするときいまやネットでも情報発信は欠かせませんが、アナログな方法も意外なほど効力を発揮します。手配りのものや新聞折り込み、掲示板に貼られたチラシのことです。昨今ではそれをフライヤー印刷と呼ぶことが多くなっています。フライヤー印刷は新聞紙サイズのような大きなものからポケットティッシュほどの小さなサイズまで様々で、目を引くようなデザインで効果的な宣伝が期待できます。しかしそんなフライヤー印刷ともなれば、原稿を用意するための事前の準備期間や経費がそれなりにかかるだろうと思ってはいないでしょうか。実は原稿作成にかかる時間も、印刷にかかるコストも、驚くほど短く安くなっているのです。パソコンで原稿作成するのが苦手な人のために、フライヤー印刷用のテンプレートを用意している印刷所もあります。目を引くような構成をあらかじめ準備しておいてくれるので、それを使えば原稿はあっというまにできあがるというわけです。入稿はもちろんクリックひとつで可能です。これは急いでフライヤーを納品してほしいときにはとても外せない利点でしょう。もちろん、早いからといって料金が跳ね上がってしまうようでは、発注をためらってしまうのは仕方がありません。しかしフライヤー印刷の場合、写真集やパンフレットを印刷するのとは異なって製本作業が発生しない分、納期の短縮が可能なのです。入稿すると綺麗な印刷で即日出荷をしてくれる業者さんもありますから、急ぐときやコストを考えたときこそ、業者利用を検討すべきでしょう。