フライヤー印刷は業者に依頼|スピーディーにオーダーできる

社会人の武器をつくる

名刺交換

外注しメリットを得る

初めての就職、そして名刺を持ったとき社会人になったと実感する。そんな人も多いのではないでしょうか。名刺は初対面の人との初めての接触する際のものであり、営業職の人であれば名前を覚えてもらうための武器といったところでしょう。あまりくだけすぎず、しかし、印象的な名刺を持ちたいという人も多いものです。そんな名刺を外注して作成するというのも方法の一つです。 外注と行った時、まずはネット印刷を思いつく人が多いでしょう。ネット上のサービスで100枚500円程度から購入することができます。おそらく最も安価な方法でしょう。ただ、実物を見ずに発注するということになりますので、出来上がりが想像していたものと異なることもありうることを理解しておいた方がよいでしょう。 次は印刷会社に発注する方法です。ネット印刷よりは少し割高になりますが、100枚1000〜1500円程度のところが多いでしょう(カラー刷り等にするともっと高くなります)。サンプルを見ながら印刷会社の人と打合せができるのは、メリットです。 もちろん、名刺は社内で支給されるという企業も多いかもしれませんが、小さな会社ではそうもいかないこともあります。なので、自分で作成するのも方法の一つですが、時間短縮・コスト削減という面では、外注する方法がベストなのかもしれません。現在は、様々な名刺作成業者があるので、料金や品質、納期スピードを比較して選択しましょう。ランキングサイトを参考にすれば、スムーズに業者を選定することが可能でしょう。